LGゲーミングモニター[24GN600-B]スペックレビュー

LGエレクトロニクスゲーミングモニター[24GN600-B]
かまさん
かまさん

今回は[LG UltraGear 24GN600-B]をスペックレビューしていくよ!

LG UltraGear 24GN600-B

製品イメージクリック=Amazon詳細
くにもん
くにもん

なんかカッコイイな…このモニター!

かまさん
かまさん

カッコイイですね…性能もいいけど…見た目だけで判断したらいかんですよ…

LG UltraGear 24GN600-B 評価

かまさん
かまさん

LG UltraGear 24GN600-Bはゲーマー向けに作られた非常に優秀なモニターです。評価は…

評価 :4/5。
くにもん
くにもん

なんで☆4つ?…性能いんじゃないの?

かまさん
かまさん

スペックはめちゃくちゃ良いのですけどね…

くにもん
くにもん

じゃあ…なんでだよ…

かまさん
かまさん

いやぁ~…スピーカー無いんですよ!スピーカーついてたら☆4つ半はつけれたんですけどね…

くにもん
くにもん

モニターだからスピーカー無いの普通じゃないの?テレビじゃないんだし…

かまさん
かまさん

まぁ~主観なんで…

この評価は完全に個人的主観でつけられています。

LG UltraGear 24GN600-B 製品スペック

かまさん
かまさん

まず、スペックを確認します。

製品イメージクリック=Amazon詳細
メーカー(ブランド)LG エレクトロニクス
商品モデル番号24GN600-B
パネルサイズ23.8インチ
表示領域(横×縦)㎜527×296
液晶パネル方式IPSパネル(液晶)
非光沢(ノングレア)
解像度1920×1080(フルHD)
画素ピッチ(㎜)0.2745×0.2745
表示色約1677万色
視野角178°/178°(CR≧10)
輝度300cd/㎡
コントラスト比(標準値)1,000:1
リフレッシュレート144Hz
応答速度1ms(GTG)
色域sRGB 99%
入力端子HDMI×2・DisplayPort×1
スピーカー非搭載
ヘッドホン端子搭載
価格(作成時)24,730円(Amazon参照)
動作を保証するものではありません
その他・機能

HDR/HDR10・ブルーライト低減モード・AMD FreeSync™ Premiumテクノロジー・DAS(Dynamic Action Sync) Mode・ブラック スタビライザー・クロスヘア…

かまさん
かまさん

注目すべきポイントは…

  • パネルサイズ:23.8インチ
  • パネル方式:IPS液晶
  • リフレッシュレート:144Hz(144FPSまでに対応)
  • 応答速度:1ms(GTG)
  • HDR/HDR10
  • AMD FreeSync™ Premiumテクノロジー対応
  • DAS(Dynamic Action Sync)モード
  • ブラック スタビライザー
  • クロスヘア
  • 価格(お手頃)

スペックを見ると24GN600-Bが高性能なゲーミングモニターだということは言うまでもなくわかることだと思いますが、あくまでもゲーミング向けのモニターです。使用用途がゲームであれば、現状のゲームコンテンツはほとんどフルHD (1920×1080) の映像出力がまだまだ主なのでなんの問題もありませんが、4K画像(映像)の表示には対応しきれません。

かまさん
かまさん

映像の表示は出力が基準になるよ!

ちょうどいいパネルサイズ

かまさん
かまさん

あくまで個人的な意見です。

パネルサイズ23.8インチはゲームをプレイするサイズとしてはベストサイズだと思っています。

くにもん
くにもん

なんで?大きい方が迫力があっていいじゃん!

かまさん
かまさん

はぁ~…くにもんさん!迫力があれば良いというわけではないのですよ!

映画なんかを見る場合は大きな画面の方が迫力もあって良いかもしれませんが、今回のモニター用途はゲームです。ゲームプレイで重視するべきことは画面全体の把握です。

かまさん
かまさん

画面が視界に収まってないとスッゲーやりずらいし…

くにもん
くにもん

離れて見ればいいじゃん!

かまさん
かまさん

ああ言えばこう言う…

離れてプレイすれば視界にはもちろん収まりますが、離れてプレイすることで視認性が落ちてしまったら本末転倒です。

かまさん
かまさん

視力なんかでも違うのかもしれないですけど…見づらくなったら正直言って大きいことに意味はありませんよね!

くにもん
くにもん

そうかぁ~理解したぞ…でも年齢的に近すぎるときついからもう少し大きい方がやっぱりいいかな!

かまさん
かまさん

そ…それはごもっとな理屈で…ではくにもんにはこっちのほうがいいかもですね…

かまさん
かまさん

サイズ違いです。大きい分ちょっと高くなっちゃうけど…くにもんは値段なんて気にしないから大丈夫ですね。

くにもん
くにもん

気にするわ!!!

IPSパネル(液晶)って何なの?

IPSパネル(液晶)のIPSは”In-Plane-Switching”の略称で、このIPSを簡単に言ってしまうと液晶の表示技術のこと、IPSパネル(液晶)は視野角が極めて広いことが特徴です。

くにもん
くにもん

視野角が広いってどういうことなの?

かまさん
かまさん

正面から見なくてもキレイに見えるよってこと!

くにもん
くにもん

後ろから見ても?

かまさん
かまさん

そんなわけあるかい∠( ゚д゚)/

視野角が広いということは、簡単に言うと正面からではなく斜めから見てもキレイに見えるってことです。

かまさん
かまさん

角度によっての色の変化が極めて小さいということ!

くにもん
くにもん

あぁ〜…スマホの覗き防止シールの逆発想ね!

かまさん
かまさん

論点ズレてますけど…あながち間違いではないところが腹立つな!

IPSパネル(液晶)は多くのゲーミングモニターで採用されている技術です。ゲームは1人でプレイする事が基本のタイトルから複数人でわいわい楽しむタイトルと多種多様です。

IPSパネル(液晶)は複数人で画面をシェアする事に向いたモニターですが、今回の24GN600-Bにはスピーカーが搭載されていないので、複数人でモニターをシェアして楽しみたい場合は別途スピーカーの用意が必要です。

かまさん
かまさん

24GN600-Bは価格がわりと抑えられてるので別途スピーカーを用意しても全然コスパ良しです。

くにもん
くにもん

スピーカーか〜…探すのめんどいからいくつか見繕ってくれない?

かまさん
かまさん

くっ…僕もめんどいんですけど…オーナーには逆らえん(T_T)

※一応このブログのオーナーはくにもんさんです。

かまさん
かまさん

おすすめは二つです。上記は使い勝手がいいイヤホンジャック搭載、下記はモニターの下にあるととてもカッコイイです。

くにもん
くにもん

カッコイイで選ぶなって言ってたくせに…

かまさん
かまさん

スピーカーはいいのです。

144Hzのリフレッシュレート

リフレッシュレートが144Hzあればほとんどのゲーム機に対応できるのでゲーミングモニターとして十分な性能をもっています。

かまさん
かまさん

SwitchもPS4もPS5だって144Hzあれば余裕ですよ。

くにもん
くにもん

ところで…リフレッシュレートってなんね?

かまさん
かまさん

えっ?くにもんさんリフレッシュレートが何なのかも知らずにモニター買ってたんですか?

くにもん
くにもん

まぁね…とりあえず数字がでかけりゃ良いヤツなんだろ?

かまさん
かまさん

またか…あながち間違いではないのが本当腹立つ!

リフレッシュレートはモニターにおける性能を示す数値の1つで、数値が大きいことが高性能であることの指標にもなります。

リフレッシュレートは簡単に説明すると、映像の復元枚数を表しています。動的な映像の根本は複数枚の画像を切り替える事で成り立ちます。ゲーム機等がモニターに送る物は画像そのものではなく画像のデータなので、そのデータを画像に復元し表示する枚数を数値化したものがHz(リフレッシュレート)です。

かまさん
かまさん

ちなみにゲーム機が送る画像データはFPSという数値で表現されます。

144Hzのリフレッシュレートでは1秒の間に144枚までの画像を復元し表示する事が出来るという事で、送られてくる画像データが144枚以下だった場合は、送られてきた画像データ分の枚数しか表示が出来ないということです。

かまさん
かまさん

極端に言っちゃうと144枚の紙芝居を1秒で終わらせられるってこと!

くにもん
くにもん

あぁ…そういうことね!やっと理解できたよ!

かまさん
かまさん

そっ…それは良かったです…

1msの応答速度

かまさん
かまさん

1msならめちゃキレイに見えるじゃん!

くにもん
くにもん

今度はなんね?速度ってスピードね?

かまさん
かまさん

そうです…スピードです。

応答速度を簡単に表現すると画像を切り替える速度(スピード)です。

正しくは画像を構成しているモニターの極小さなドットの色が変化するスピードですが、わかりやすくする為に画像という表現を使用します。

1msは1秒の1/1000を意味していて単位はミリセカンドと読み、画像を表示して次の画像へ切り替えるときに1ms(0.001秒)の時間しかかからないということになります。

仮に、1秒間に144枚の画像を表示する場合1枚に使える時間は秒1÷144なので0.00694444…秒です。画像を切り替えるということは2枚以上の画像が必要で2枚に必要な時間は0.0138888…秒となり、切り替えに要する時間が0.001秒かかるので1枚あたりの画像表示時間は(0.013888−0.001)÷2で0.00644444…秒になります。

かまさん
かまさん

要は表示切り替えにかかる時間が短い方が画像を表示している時間が長くなり、映像はよりキレイに見える様になります。

くにもん
くにもん

計算が細かすぎてわからん…

かまさん
かまさん

紙芝居を1秒間で144枚めくったらわかるよ…きっとめくる時間の方が長くて何も見えんから!

くにもん
くにもん

あぁね…要は一瞬でめくって絵をちゃんと見せてくれるってことね!

かまさん
かまさん

まぁ…そういうことです。

補足:転送速度

かまさん
かまさん

モニターは単体では真っ黒の画面でしかないですよね!

くにもん
くにもん

そんなん当たり前やないか!

かまさん
かまさん

くにもんはHDMIケーブルとDisplayPortはどっち使ってますか?

くにもん
くにもん

HDMIケーブルだけど…?

かまさん
かまさん

ちゃんと規格見て買ってますか?

くにもん
くにもん

見てるよ…数字がデカかったらいんだろ!

かまさん
かまさん

また…あながち間違いじゃない…

モニターに映像を表示する為には、ゲーム機等のデバイスからモニターに映像データを転送するケーブルが必要になることはご存知のことだと思いますが、このケーブルには規格(レベルのようなもの)が存在し、転送可能なスピードが全然違います。

最近のモニターの入力端子はDisplayPortとHDMIがついていることが主流なのですが、DisplayPortはあまり馴染みがないと思います。

かまさん
かまさん

今回はHDMIについて少し触れておきます。

HDMIは規格によって転送できるデータやスピードに限界値があり、限界を超えてデータを転送する事は出来ません。144FPS(144Hz)の映像データはそれなりの転送スピードを必要とします。

かまさん
かまさん

家にずっとあったいつからあるかわからないHDMIケーブルではおそらく対応できないかもしれません。

くにもん
くにもん

俺は数値が高いのを基本的に買うから大丈夫だと思うし…自分の事だろうね…

かまさん
かまさん

あっ!バレた?

高性能なゲーミングモニターを用意してもモニターの性能を活かす為にはそれ相応のデータ転送ケーブルが必要になるので、HDMIケーブルを持っているからといって大丈夫だと決めつけないようにしましょう。

かまさん
かまさん

おすすめは上位規格のHDMIケーブルを用意する事です。

くにもん
くにもん

そうそう…俺みたいによくわかってなくても失敗を少なくできる方法やね…

かまさん
かまさん

くっ!腹立つ…

上位規格を用意すると対応できる幅が広がるのでしばらく安泰というメリットがありますが、特殊な技術をつかっているケーブルも多く、技術によって価格がピンキリになる傾向にあります。適正規格が分かっていればそれだけで賢いお買い物につながるので必要な性能を把握することは大事です。

かまさん
かまさん

分からないときは2種類の数値を最低限確認しましょう。

144FPS(144Hz)おすすめ規格
  • 2.0規格以上
  • 10.00Gbps以上の帯域幅

144FPS(144Hz)に対応するだけなら1.4規格の8Gbpsの帯域幅があれば大丈夫ですが、最近のモニターではHDRというより映像を視認しやすくする機能あり、このHDRの性能を引き出すためには上位の規格、帯域幅が必要です。規格は最新のものが数字が大きく性能が高いことを示し、帯域幅というのは1秒間に転送できるデータ量を数値化したもので、Gbpsの前の数値が大きい方がより転送できるデータ量が大きくなります。

くにもん
くにもん

よく知ってるなそんなこと…

かまさん
かまさん

買った後に後悔したくないので…

くにもん
くにもん

それはわかるな…高いの買ったのに使えないってことたまにあるもんね…

かまさん
かまさん

世の中高いものが良いものとは限らないのですよね( ̄ー ̄)ニヤリ

かまさん
かまさん

上記は2.0の18Gbps…下記は2.1の48Gbpsです。価格はあまり変わらないので下記の方がおすすめです。

くにもん
くにもん

やすくね?俺が買ったの倍以上したのに…

かまさん
かまさん

よっしゃっ!!

HDR(ハイダイナミックレンジ)

かまさん
かまさん

※ちょっと難しいので専門的な解説は控えます。

HDRは”High Dynamic Range”の略称で簡単に説明すると映像(画像)をより人の目で見る景色に近づける技術です。

くにもん
くにもん

人の目に近づけるてどういうこと?

かまさん
かまさん

テレビゲームやってて敵が影に隠れてて全然見えなかったって経験ないですか?

くにもん
くにもん

それある!めっちゃムカつくヤツや!

かまさん
かまさん

それを現実に置き換えたらありえます?

くにもん
くにもん

ありえんよ!影におるからって見えなくなるわけないやんか!

かまさん
かまさん

そう!まさにそれなんです。

モニターのダイナミックレンジは暗い中でも見える様に、明るい中でも見える様に表現する技術の事で、ハイダイナミックレンジは暗いところも明るいところもより鮮明に見えるようにしてくれます。

くにもん
くにもん

イメージ見てわかったわ!

かまさん
かまさん

「百聞は一見にしかず」ですね!

AMD FreeSync™ Premiumテクノロジー対応

かまさん
かまさん

なんか難しい単語が並んでますが、簡略的に解説します。

モニターに表示される映像が複数の画像で成り立っているのはもうご存知かと思います。そして、モニターに表示できる画像の枚数がHz(リフレッシュレート)、ゲーム機等のデバイスから送られる画像がFPS(フレームレート)という数値で表現されます。

モニターは送らてきた画像を性能以上に表示することはできず、144Hzの場合は144FPSまでの画像データしか復元(表示)出来ません。

もし144Hzに対して240FPSのデータを送ると画像が混同して表示されてしまう事になります。

かまさん
かまさん

この現象をティアリングと言って画面がチラチラとズレて見えます。

FreeSync(フリーシンク)は1枚1枚の画像を処理して表示する事で映像のチラつきを抑制してくれる技術なんです。

かまさん
かまさん

画像枚数を無理やり合わせる技術だと思って大丈夫です。

くにもん
くにもん

了解!だいぶすごいのはわかったんだけど…何のレビューだったっけ?

かまさん
かまさん

LGエレクトロニクスゲーミングモニター[24GN600-B]ですけど…これです。

くにもん
くにもん

あぁ…そうだったね!

かまさん
かまさん

ぐっ…真面目にして下さいね!

くにもん
くにもん

了解、了解…

DAS(Dynamic Action Sync)モード

DAS(Dynamic Action Sync)はモニターに転送されてきたデータをよりリアルタイムで表示する機能の事です。

かまさん
かまさん

要は映像として表示するまでのタイムラグを短くしてくれます。

モニターは基本的に送られてきた画像データをスケーラーチップと呼ばれるところで処理して画面に映像として表示するのですが、DAS(Dynamic Action Sync)モードではこの処理をすっ飛ばして画面に表示するのでそれだけ映像表示までにかかる時間を短くしてくれます。

くにもん
くにもん

感覚的にもわからん…

かまさん
かまさん

正直…人の目で気付けるものではないです…

ブラック スタビライザー

くにもん
くにもん

なんかア○ライザーみたいな名前が出てきた…ロボット?

かまさん
かまさん

戦○ヤ○トは関係ないですよまったく…

ブラックスタビライザーというのは画面の調整機能の1つです。この調整機能は暗い箇所に特に有効で、明るい部分をさらに見やすくし、暗い部分の強弱を自分好みに調整出来ます。

かまさん
かまさん

要は暗いところをより見やすくする機能ってこと!

くにもん
くにもん

全然ロボットじゃなかったな…

クロスヘア

くにもん
くにもん

十字の髪?

かまさん
かまさん

髪の毛じゃないからな!

クロスヘアはファーストパーソン・シューティングゲームにかなり有効な機能で、画面にマーカーをつけることが出来ます。

かまさん
かまさん

もうセロハンテープに赤点つける必要はありません。

ファーストパーソン・シューティングゲームというのは自分の目で見ているような画面のゲームで照準が基本的に画面中央に位置し、照準を合わせる為には視点移動で敵を画面の中央に持ってくる必要があります。

照準の場所には基本的に小さな点が付いているのですが、一定の動作時には消えてしまいます。そんなときにはクロスヘアを使うことで常時照準キープが可能になるのです。

かまさん
かまさん

使い方次第でゲーム展開を優位に進めることが可能なのです。

くにもん
くにもん

なんかずるくね?

かまさん
かまさん

セロハンテープに赤点も一緒やし何もずるくないですから!

24GN600-Bは価格がお手頃

かまさん
かまさん

24GN600-Bは本当にお手頃な価格です。

ゲーミングモニターとして非常に優れた機能をもったこの24GN600-BはAmazonさん限定モデルとなっていてその他のショップでは取り扱いがありません。

かまさん
かまさん

中古は別ね…

LGエレクトロニクスさんにはまったく同じスペックであるゲーミングモニター(24GN650-B)も存在しますが、価格が全然違います。

かまさん
かまさん

ちょっと比較してみましょう。

商品モデル番号24GN600-B24GN650-B
製品画像
出展:Amazon

出展:Amazon
パネルサイズ23.8インチ 23.8インチ
表示領域(横×縦)㎜527×296 527×296
液晶パネル方式IPSパネル(液晶)
非光沢(ノングレア)
IPSパネル(液晶)
非光沢(ノングレア)
解像度1920×1080(フルHD) 1920×1080(フルHD)
画素ピッチ(㎜)0.2745×0.2745 0.2745×0.2745
表示色約1677万色 約1677万色
視野角178°/178°(CR≧10) 178°/178°(CR≧10)
輝度300cd/㎡300cd/㎡
コントラスト比(標準値)1,000:11,000:1
リフレッシュレート144Hz144Hz
応答速度1ms(GTG)1ms(GTG)
色域sRGB 99%sRGB 99%
入力端子HDMI×2・DisplayPort×1HDMI×2・DisplayPort×1
スピーカー非搭載非搭載
ヘッドホン端子搭載搭載
その他
特徴
HDR/HDR10
ブルーライト低減
AMD FreeSync™ Premium
DAS(Dynamic Action Sync) Mode
ブラック スタビライザー
クロスヘア
…等
HDR/HDR10
ブルーライト低減
AMD FreeSync™ Premium
DAS(Dynamic Action Sync) Mode
ブラック スタビライザー
クロスヘア
等…
価格
(作成時)
24,730円
(Amazon参照)
36,580円
(Amazon参照)
動作を保証するものではありません
くにもん
くにもん

違うとこあんの?

かまさん
かまさん

一応…スタンドが違います。

24GN600-Bと24GN650-Bの違いはスタンドです。24GN650-Bはスタンドの高さ調整ができ、24GN600-Bは高さ固定です。

かまさん
かまさん

この価格差ならアームを用意したほうがいいかと…

くにもん
くにもん

高さ調整が出来ないのは別に普通だしね!あとアームは探しといてね!

かまさん
かまさん

くっ…余計なこと言ってしまった…

24GN600-Bスペックレビューまとめ

かまさん
かまさん

24GN600-Bを要約すると…

24GN600-B

24GN600-Bの評価は…

評価 :4/5。

24GN600-Bゲーミングモニターは非常に優秀であるがスピーカーが搭載されていない、スタンドの高さ調整が出来ない点は個人的に残念。だが、同スペックと比較しても価格がお手頃なので浮いた費用を他の設備投資に回せるという嬉しいメリットが存在する。

くにもん
くにもん

あれだけ書いた性能や機能を”優秀”って言葉の一言にしやがった…

かまさん
かまさん

(*ノω・*)テヘ

24GN600-Bは個人的にもおすすめしたいモニターです。というのも144Hzよりも高いリフレッシュレートのモニターは、性能を最大限に引き出そうとするとデバイスも配線も、より性能の高いものが必要になりそれ相応の価格になってしまうからです。

かまさん
かまさん

モニター自体はけして安いものではないですが、性能から見るコスパは最高峰ではないでしょうか!?

くにもん
くにもん

有りか無しかで言ったら”有り”やね!

かまさん
かまさん

それでは今回はこのへんで…

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました